ごあいさつ

国内最大級の開発体制、豊富な開発実績に基づくノウハウ、
幅広いお客様とのネットワークを活かし、
デジタルエンタテインメントの未来をグローバルに支えていきます

代表取締役社長 兼 CEO 齋藤 茂

株式会社トーセは、1979年の設立以来、家庭用ゲームソフトおよび携帯電話向けコンテンツの企画・提案・開発から家庭用カラオケ楽曲配信、電子コミック配信などネットワークを通じたコンテンツの企画・開発・運営に至る幅広いサービスを提供してきました。

トーセの強みは、国内最大級の独立系受託開発専門企業として、ゲームソフトメーカー、携帯電話キャリア、モバイルコンテンツ事業者、出版・音楽関連企業など、様々なお客様を開発上流からサポートしてきた実績と信頼にあります。また、現在までに開発した家庭用ゲームソフトやモバイルコンテンツのタイトル数は約2,200本と、エンタテインメント系の受託開発では世界でも類を見ない開発実績を有しており、培ってきた豊富なノウハウをゲームソフトのみならず様々なジャンルのコンテンツづくりに活かしています。とくに家庭用ゲーム機やスマートフォンなど各種プラットフォームに対して、高度かつリッチなコンテンツの開発をワンストップでサポートするサービスは、数多くのお客様から高いご支持をいただいております。さらに、異業種のお客様同士を結びつけるコラボレーションビジネスなど、お客様との広範なネットワークを活かした事業を展開していることも大きな特徴です。そして、設立から黒字決算を続けており、健全な財務体質のもと、強固な経営基盤を構築しています。

トーセのもうひとつのアイデンティティーは、「京都企業」であることです。京都には伝統を育んできた「魂」「知」「技」があります。トーセは、デジタルエンタテインメント産業の未来をみつめ、ゲームソフトやモバイルコンテンツの「受託開発専門企業No.1」を目標として「魂」「知」「技」を磨き、高品質の製品・サービスをタイムリーかつグローバルに提供してまいります。

また、トーセは、企業の社会的責任(CSR)を貫く経営を重視し、企業市民としての自覚と責任のもとでビジネスに取り組むとともに、より一層、ステークホルダーの皆様のご期待にお応えしてまいります。

代表取締役会長 兼 CEO 齋藤 茂

代表取締役社長 兼 COO 渡辺 康人